Blog

#2【新盛聖人】TFaomoriとは?

#2【新盛聖人】TFaomoriとは?
text by KOHEI NIYAMA

 2021年6月2日UACAニュースでもお知らせしましたが、UACAとTFaomoriがパートナーシップを締結し、その一環として3日間にわたりインタビュー記事の投稿をしてまいります。

すでに昨日1回目の記事を投稿しており本日で2回目。

今回は、TFaomoriについて語ってもらいました。


ーーでは、YouTubeの活動について具体的に教えてください。

はい!
今回は私のYouTube活動である「TFaomori」について紹介致します。

 TFaomoriは、

Track & Field aomori

の略称で、青森県内の陸上競技を更に盛り上げることを目的に結成しました。

写真:TFaomoriのキャラクター「あぷらん」

具体的には、
①県内主要大会における競技動画のYouTubeへの掲載
②SNSを活用した県内大会の速報
③誰もが楽しめる陸上競技記録会の開催
④有力選手とのライブ対談
⑤青森県×陸上競技をテーマとしたラジオ配信

の5つの活動を行っています。今回はこれら5つの活動について紹介しますので、よろしくお願いいたします。


ーーそれでは紹介のほどよろしくお願いします。

よろしくお願いします!

①県内主要大会における競技動画のYouTubeへの掲載

 陸上競技に取り組んでいる皆さんであれば、自分の競技の動画を見返したい!と思ったことがあるのではないでしょうか?

 また、保護者やOB・OGの方であれば、お子様や母校の活躍を動画で見返したい!と思ったことがあるのではないでしょうか?

 そういう方々のために、2019年から、県内主要大会の映像をYouTubeに競技動画を掲載しています。

YouTubeのいいところは、見返したいときにいつでも見返せることです。

「あの時のあの競技の映像を見たい!」と思った時、青森県の陸上競技動画の保管庫として、TFaomoriのチャンネルを活用していただければと思います。

写真:TFaomori YouTubeチャンネル

②SNSを活用した県内大会の速報

 速報まではいきませんが、各大会の結果や、好記録が出た際にTwitterやInstagramに記録や動画を掲載しています。

先日、マスターズM90クラスの4×400mRで世界新記録が誕生しましたが、その様子も映像に収めています。

 その映像を掲載したところ、海外の陸上競技のニュースに取り上げられるまで広まり、

「日本のおじいちゃんはすごいね!」や「勇気が出た!頑張ろうと思えた!」などのコメントが多く寄せられました。

例え好記録を出したとしても、それを世の中に広めるメディアがなければ認知はされません。

そういった意味でも、青森県の陸上競技情報を様々な方に知って貰える一助となっていることに喜びを感じています。

写真:TFaomori 公式Twitter

③誰もが楽しめる陸上競技記録会の開催

 2019年、4人の有志が集い上記のような記録会を開催しました。

名前は「はねんちゅ選手権」旧競技場の閉館時期に合わせ開催したところ、県内外合わせて150名の選手が参加し、観客も合わせると300名近くの方にお越しいただきました。

 この記録会は普通の大会とは違い、トラック内に入って応援するもよし、家族と一緒に走るもよし、選手にハイタッチするもよしの大会となっています。

長距離走にはペースメーカーがつき、目標タイムに合わせて選手を引っ張ってくれます。楽しそうですよね?

またいつか開催したいと考えているので、お楽しみに!

写真:第1回はねんちゅ選手権の様子

④有力選手とのライブ対談

 2020年、国際武道大学の工藤大靖選手や弘前大学の中嶋幸樹選手、三上爽子選手らと一緒にYouTubeライブで対談を行いました。

様々な選手の練習への取り組み方や競技中の感覚等をお話ししていただいています。今年も何名かの方とライブ配信をしたいと考えているので、乞うご期待!

↓動画はこちらから↓

⑤青森県×陸上競技をテーマとしたラジオ配信
 

実はTFaomoriの中でも一番やりたかった活動なんです(笑)

個人的にラジオが好きで、いつかパーソナリティーをやってみたいという思いがあったため、YouTubeでラジオ配信をすることにしました。

UACA所属の短距離選手である

工藤千佳 選手

と一緒に、月に1回程度収録を行っています。

 毎回メッセージテーマを募集し、リスナーの皆さんからメッセージを投稿していただき、それを読み上げています。最近は質問コーナーやお悩み相談等の企画も始めましたので、皆さんドシドシご応募ください!

↓ラジオはこちらから↓

to top