Blog

令和3年度全日本中学校陸上競技選手権大会プレビュー

令和3年度全日本中学校陸上競技選手権大会プレビュー
text by KOHEI NIYAMA

主要大会は、UACA(Jr./ONLINE含む)各コースに所属する選手たちの大会展望や見所をお伝えします。


開催日程

2021年8月18日(水)〜20日(金)に茨城県ひたちなか市の笠松運動公園にて行われる『第48回全日本中学校陸上競技選手権大会』にUACA Jr.アスリートコース・UACA ONLINEに加入している4名が女子共通リレーに出場します。

8月16日に政府より緊急事態宣言の追加が発表となり、全国大会が行われる茨城県も追加となり、事前に決まっていた競技時間など変更がありました。詳しくは下記URL公式サイトをご確認ください。

全国大会出場権を得るためには・・

リレーで出場する場合、

全日本中学校通信陸上競技 青森大会 兼 全日本中学校陸上競技選手権大会青森県選手選考会において優勝すると出場できます。

個人で出場する場合は、各種目に定められた標準タイムを突破すれば参加できます。

関連記事

今大会の展望

女子共通リレーは、

8月18日(水)の14時20分〜予選

8月20日(金)14時55分〜B決勝 / 15時10分〜A決勝

が行われます。

出場メンバーへインタビュー

今大会に出場する選手たちへインタビューを実施。

(インタビュー者:新山 公平)

Q1:今年の春の北日本陸上で52秒06で優勝しましたが、この時点でリレーで全国大会に出場するというイメージはチーム内でありましたか?

(回答者:神 優吏亜)※リレー1走の選手。

今シーズン初めての大会で優勝したのは嬉しかったけど東北、ましてや全国に出場出来るとは思ってもいなかったです。でも出場したいって言う夢はもちろんあったのでどちらも実現出来て嬉しいです!

Q2:リレー種目で全国大会の出場が決まる県通信大会に向けてチーム内で取り組んだことがあれば教えてください。

(回答者:伊瀬谷 茜)※リレー2走の選手

北日本で初めて優勝した時、4人全員が全国大会の舞台に立ちたいと強く思うようになりました。その時から目標は変わらず、部活動だけでなく、自主的に競技場に足を運んだり、身近にいるコーチなどの力を借りるなど、自分たちで考えて行動するようになりました。

Q3:県通信大会で優勝し、全国大会が決まった時の心境をお聞かせください。

(回答者:川井 凛花)※リレー3走の選手

今年の冬から本格的にこの4人で全国を目標に地味な冬練もコツコツと頑張ってきたので、全国が決まった時は夢が現実になったのでものすごく嬉しかったです!決まった直後はあまり実感がなかったんですが全中本番が近づくにつれ、凄いことなんだなと感じてきました。今まで頑張って来てよかったと思ったし決まったからには恥をかかないようにまた4人で頑張ろうと思いました。

Q4:このチームは、1人1人走力もありますが、なんといってもチームワークがとても良いチームです。なぜここまで良いチームになれたのでしょうか?

(回答者:金田 華奈)※リレー4走の選手

1度4人で意見がぶつかり合って、お互いに壁ができてしまった時に、4人で話し合いをし、自分が思っている意見をしっかり伝えることができたのが1番大きいと思います。元々4人は仲が良く、それぞれが部活に真剣に取り組んで居たからこその今のチームワークの良さだと思います!

Q5:それでは最後に、全国大会の意気込みをお聞かせください。

(回答者:神 優吏亜)※リレー1走の選手。

私たちには応援してくれる方が沢山いると思うので期待に応えられるように全力尽くして頑張ります!!

(回答者:伊瀬谷 茜)※リレー2走の選手

決勝進出、県記録樹立が目標です!

(回答者:川井 凛花)※リレー3走の選手

青森県代表として、決勝進出を目標に精一杯自分達らしく走ってきます!

(回答者:金田 華奈)※リレー4走の選手

今まで支えてくださった方々に自分達の走りで感謝を伝えたいです!


🔻全中公式サイト🔻

https://zenchu.jaaf-ibaraki.com

to top