Blog

11月22日〜11月27日各コース活動報告

11月22日〜11月27日各コース活動報告
text by KOHEI NIYAMA

11月22日

UACAセミアスリートコース

15名参加。

スタートダッシュに活きるメニューを重点的に行いました。抱えているボールはソフトメディシンボールといい、2〜4kgあり少し重いですが、柔らかい素材のため子どもたちでも安全に使用できます。

11月24日

UACA Jr.かけっこコース

21名参加。

ディレクションリングを使用し、速く走るための様々な種類のケンケンを重点的に行いました。一見単純な動作に見えて、正確に丸の中に入れるのに苦戦しています。

UACA Jr.アスリートコース

13名参加。

【短距離】

サーキットドリルで全身運動をしながらアップを行いました。
また、短距離走後半のピッチ低下を抑えるため、間隔を縮めたマーク走を行いました。

【走幅跳ブロック】

お尻ともも裏の筋肉に刺激を入れるようなドリルを行った後、短助走での跳躍練習を行いました。

11月26日

UACA Jr.エンジョイコース

20名参加。

ウォーミングアップ終了後、瞬発力を養う立幅跳の練習を行いました。「コツが分かった!」との声もあったので、学校の測定や普段の走りに活かしてほしいです!

UACA Jr.アスリートコース

5名参加。

ハイクリーンやスクワット、ベンチプレス等を中心にトレーニングを行いました。今月から入会した選手も、徐々にフォームを習得してきている様子が見られました。

11月27日

UACAオンライン練習会

8名参加。

11月のアンケートで「オンライン練習会でどういうことを知りたいか」という項目で、1番多かった「走りの理論を学びたい」とのことで「走りを理解するためのニュートンの法則」「ピッチとストライドの関係性」の2つのテーマ講義を新山が担当しました。内容がかなり難しいところではありましたが、理解してもらいところは2〜3回丁寧に繰り返して説明するなど工夫をして指導しました。


今週の総括

今週は、急激に外気温が低下した影響で、
活動していてとても寒い思いをし指導者・選手達が取り組んでいたのが印象的でした。

風邪やインフルエンザ、コロナウイルスにかからないためにも、日頃からの手洗いとうがいを欠かさず

練習会へ参加できるように、みんなで出来る予防策をしっかり行なっていきましょう!

to top