Blog

【依頼】練習動画をたくさん撮って欲しい

【依頼】練習動画をたくさん撮って欲しい
text by KOHEI NIYAMA

今回のブログのタイトルの内容としては、

対象として中学生以上のスポーツ選手に対する私からのお願いとなる記事です。

指導する日数が長い選手であれば、ひと通り走り方の性質やその人の性格もある程度理解があるため

指導するポイントや、求めている内容、

また適切な指導する内容のタイミング等が分かります。

難しいのが、

数回しか指導をしていない選手や

(もちろん初めての指導も含む)

前回指導した日より数ヶ月間隔が空く

となった場合、適切な指導が困難な場合が多いまま指導時間が過ぎていくような感じです。

そういった選手を指導する場合、

事前に現在の陸上競技に関する悩みや走りの動画をもらうようにお願いしています。

その中で、例えば「スタート技術」を学びたいという方がいたとして、

スタートの動画を送ってもらったとします。

よくありがちなパターンとして

スタート地点(0m)から離れたところで撮影していることが多いです。

よくありがちなスタート撮影アングル

撮影主旨としては、スタートから一次加速全体を撮影したいのだろうと思いますが、

「スタート技術」を学びたいのであれば

0m〜5歩あたり(約3〜5m)あたりまでの

撮影アングルがほしいです。

長い距離を撮影したとしても約10mも

いらないというのが私個人の意見です。

スタート撮影時の理想的なアングル

また、私の場合、撮影される選手と同等もしくはそれ以上の走力があるためこういうアングルでの撮影も可能です。

手ぶれ補正の効いたカメラを活用

求められる指導内容によって

さまざまな指導パターンが考えられます。

まずお願いしたいこととして、

自分の練習動画をたくさん撮影すること。

その中で、送れる分送っていただき、

それを見た指導者が

「もっとこういうアングルからの動画が欲しい」

となった場合はそれでまた撮ってもらったり。

選手によっては、動画が一つもないという方もいたりするので、

たくさん動画を撮って欲しいというお願いでした。

告知

UACAでは、2022年1月1日より

YouTubeでの配信を毎週土曜日20時00分より更新しております。

2回目の放送は、2022年1月8日(土)20時00分更新予定です。

🔻UACA TV #1 公開中🔻

🔻UACA公式 YouTubeチャンネル登録URL🔻

https://www.youtube.com/channel/UCTTgb_WcBnSy8s-AEYce8CA

to top