Blog

U16県予選大会の引率。

U16県予選大会の引率。
text by KOHEI NIYAMA

今回は、大会レビュー記事ではございません。大会レビューは8月18日18時00分のUACAブログにて更新いたします。


朝7時40分頃から今日クラブで出場予定の選手たちのファーストアップに立ち会いましたが、気温ほど寒くは感じなく手元のApple Watch上では17℃でした。

私が今回アップで帯同する種目は、

男子100m、女子100m、女子150m。

その他にクラブの選手として、男女の走幅跳の選手たちの跳躍を見て、助走のスピード力も見させてもらいました(これは勝手に見てます。笑)

今大会で私が一番気になっていた150m。

この種目で優勝すると10月に行われるU16の本大会に出場出来るのですが、プログラムを見ると男女ともに大会記録や県記録などがなかったため県主要大会でこの種目は初めてなのかな?と思います。

関連記事

その中で女子150mでUACA Jr.アスリートクラブに所属する選手の中から優勝者が出ました。

彼女は、私が小学校の陸上部の外部コーチをやっていた時からの教え子で、

3年前に毎年8月に行われる日清カップという小学生陸上の全国大会に100mで出場しましたが、予選敗退と悔しい結果に終わり

また全国の舞台に戻ってリベンジしよう

と誓った3年後。

その子は、来週全国にリレーで出場し、個人では10月に出場します。

ふとしみじみしブログを書いています。

どの子供達に指導をしてもその1人1人にエピソードがつまっていてありがたいことにさまざまな経験をたくさんいただいており、これは指導者になってから気付きました。教えておしまい!!じゃないんです。コーチングって。

3年前の自分に教えてあげたいです。

これからも選手がのぞむ目標と夢を叶えてあげれるようにまた明日から頑張りたいと思います。

to top