Blog

11月6日UACA練習会

11月6日UACA練習会
text by KOHEI NIYAMA

11月6日15時00分〜18時00分の時間帯で、UACA練習会を行ないました。

UACA練習会は、UACA各コース、UACA Jr.アスリートコース、UACA Jr.セミアスリートコース、UACA ONLINEコースに入会している小学生〜社会人の選手が集まり練習会を実施しております。

各年代の人達は、2021年シーズンの大会がほぼ終了しました。

この日は、シーズン終了後1週間しか経過しておらず、休養を重視していたため

まだ、2022年シーズンに向けての目標を設定していない者も多かったため、

「小学生でも勝てるお遊びメニュー」

をテーマに掲げ練習会を行ないました。

お遊びメニューに入る前に、

クラブで新しく導入した

メディシンボールを活用して

体幹を刺激しました。

最近、各コースともにこの

メディシンボールを取り入れた練習を行なっております。

小学生〜社会人全員が同じメニューを取り組む

意図として、

走るために使いたい筋肉を目的としていて筋肉だけを鍛えるウエイトトレーニングとは少し異なり、

カラダ全体をうまく使って動作を行うという、全身の協調性を高めるトレーニングとして行われることができます。

カラダの中心である体幹部にさまざまな負荷がかかり、効率よく鍛えることができるため

チームによっては、「アップ」で取り入れているところも多いです。

私自身、数えてみたらメディシンボールを使ったトレーニングメニューは18種類以上教えれることに最近気が付きました。

メディシンボールを使った練習会の後は、

チーム対抗のボールを使ったリレーなどを行ないました。

クラブ独自のルールなので、

毎回新メニュー導入の際はルールを発案した者しか説明が出来ないため理解させるためにひと苦労し大変ですが、

楽しんでもらえるように実際に取り組んでみてからが「完成したメニュー」としてみんなで取り組めるのでそこもメニューを発案する上での楽しみの1つになっています。

15時~17時まで取り組んだ後、一旦練習会は締めとなりミーティングを実施。

その後、

17時~18時は「フリー練習」としました。

そこで、各自が自分で取り組みたいメニューを行ないました。

自分で向き合う時間も大切ですよね。

そこで、各々が取り組んでおりましたが、

UACA所属の今選手が、UACA Jr.アスリートコース所属の選手に対してスタート練習の指導をしてくれました。

UACA所属今選手(青マスク)がUACAJr.所属の選手にスタート技術を伝える様子。

これが、UACA練習会で小学生~社会人が一緒に練習をしている「理由」の1つ。

学生たちはいろんな経験をして、大人でも陸上競技を取り組む姿を見たりその経験を聞いたり学んだり。

社会人は、日頃からチームで練習が出来ず、個人で頑張らなくちゃいけないことがほとんどなので、モチベーションの維持・向上や一緒に走ったりして陸上競技の楽しさを再認識したりして。

そういうのが特に見られた練習会でした。

陸上競技というスポーツが好きで、頑張りたい人をサポートするそんな練習会にしていきたいです。

これからも続けていきます。

to top