Blog

第69回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会を欠場。

第69回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会を欠場。
text by KOHEI NIYAMA

タイトルにもあるとおり、

9月24日(金)〜26日(日)に大阪・ヤンマースタジアム長居/ヤンマーフィールド長居にて開催を予定している第69回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会ですが、UACAとしましてチーム事情であったり選手個人の事情もあり欠場しました。

今年度からUACAとしてましては「アスリートコース」と「サポートコース」の2コースに分けました。

サポートコースは、

青森県を中心に陸上競技の練習場所のご提供や、青森陸上競技協会への選手登録代行を行います。さらに、大会出場の申し込み代行も。「走幅跳の練習ができる場所を探している」「大会に出場して自分の実力を測りたい」という方は、ぜひご利用ください。

UACAホームページ各コース紹介より抜粋

としております。

アスリートコースは、

以下、UACAホームページより抜粋。

本気で陸上競技に取り組みたい方向けのコースです。私たちを含むメンバーで構成されたチームを実業団として登録し、全国に挑みます。青森陸上競技協会への選手登録や大会出場の申し込みについては、当クラブが代行しますのでご安心を。ともに練習を重ねて、優勝を狙いましょう。なお「アスリートコース」をご利用の方は、UACA Onlineの入会料が無料になります。 

UACAホームページ各コース紹介より抜粋

としてあります。

アスリートコースの特徴としまして、

小学生〜大学生まで、全国大会をかけたレースを行なっておりましたが、

現状社会人の選手は、青森県内のレースにしか出れず競技を続けていく中で、「モチベーションの維持」が結構大変でした。

実業団登録を行なうことでもう1度大人になっても全国をかけたレース、

そして企業に勤めてお金をもらっているアスリートの選手たちと本気のレースができる点もメリットと感じまして、今年度から実業団登録を行ないました。

それに賛同してくれた選手11名が登録してくれましたが、

今年度は、昨年度よりも新型コロナウイルス感染者が増加傾向にあり、県外での陸上大会への参加が困難となりました。

そういった理由もあり、

5月に埼玉県で行なわれた「第63回東日本実業団陸上競技選手権大会」も欠場しております。

私自身、2020年シーズンに左ハムストリングの肉離れの影響で2021年シーズンへの復帰も長引いておりますし、

そもそも社会人選手が務めている会社などの理解もこのコロナ禍で得られない方もいた影響もありリレーへの参加も困難となりました。

「復帰するならまずは『リレー』で!!」

と私の勝手ながらこだわりがあるので、このまま私自身は2021年シーズンは大会に出場せず、終了とし、来年の2022年シーズンに向けて半年間頑張ろうと思っております。

to top